卓球が上達するためには、
ちゃんとした練習方法があります。
遊澤亮の驚異の卓球上達法を公開します!

詳細はコチラをクリック



2011年02月24日

卓球には4種類のラケットがある


卓球のラケットは、最近、良く見受けられるようです。
ですから、卓球のラケットは、誰もが一度は目にしたことがあるでしょうね。

実は、何枚もの木材を重ねた上にスポンジとゴムシートを重ねて卓球のラケットは、
作られています。

握手という意味のシェイクハンドがあります。
またペンを持つようにグリップを握るペンホルダーの日本式と中国式があります。
ハンドソウという四種類のラケットがあります。

シェイクハンドと呼ばれるラケットが世界卓球などの卓球競技でよく目にする
ラケットです。
このラケットは最も馴染みの深いラケットですね。

強い球が打ちやすいという特徴があります。スマッシュするのに適しています。
このラケットをヨーロッパの選手のほとんどは、使用していると言われています。
また、ペンホルダーというラケットもよく見かけるラケットです。

ペンホルダーの中でも、日本式と中国式の二種類に分かれます。
日本式はグリップにコルクが使用されています。ラバーが片面に貼られているのが
特徴ですね。

とても軽量です。ただ、バックハンドでの強い打球が打ちにくいというデメリットも
備えているラケットです。
一方、中国式は中国の選手がよく利用しています。

持ち手の部分を短く切ったような形です。
両面にラバーを貼っていることが多いようです。
さらに、ハンドソウというあまり見かけない、ラケットもあります。

これは銃を握るように持つタイプのラケットですね。
曲るドライブが打ちやすいというのがその特徴です。

posted by 卓球上達法 at 20:39| ラケットの種類
⇒詳細はコチラをクリック
卓球上達法 最短コース」の先頭へ[PR]